2010年10月07日

ケアすべきは手にあり!

リフレクソロジーをするために、手や指が思うように動かせるようなストレッチも重要になってきます。
理想の手にするために、ストレッチとハンドトリートメントをおすすめします。


まずひじから手の指の先まで、手のひらで勢いよくこすります。
それから手のひら同士をこすり合わせ、次に手の甲をこすります。
そのあと両手の指を絡め、手首や腕、指を思いきり伸ばしてストレッチします。
それが終わってからは、こぶしを握ったり手を開いたりと、つまりグーとパーをします。
手の力を最後に抜き、勢いよく振りましょう。
これで柔軟に指が動く手ができあがります。


また手が疲れているときは、腕の真ん中から手首まで入念に指を這わすよう揉みほぐし、ソーラーサイプレス(手のひらの真ん中にあり、神経が密集しているところ)を親指にじんわりと力を込めながら、刺激していきます。
親指の疲れを感じているときは親指の付け根を、じんわりと力を込めながら揉みます。
このとき親指が熱いようなら、冷却も必要です。
あとの指は一本ずつひっぱり、そのあと、強く握るように圧力を与えます。
こうすることで指の柔軟性が増し、力を入れやすい指と手になります。


手の疲れを取るためにも、また手の強化のためにも、ぜひこのようなストレッチやトリートメントを行っていただきたいです。
posted by ユウ at 13:11| ハンドマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。