2010年11月23日

不眠症改善には、ツボへのマッサージとリラックス。

個人によって、理想とする睡眠時間には差があります。
したがって、「睡眠時間を最低でも何時間とるべき」、といったことを一概には断言できないのです。
しかし、日中に身体全体がけだるく感じてしまうようなら眠りが足りない、またはその質が良くない可能性があります。
そのようなときには、ツボへの刺激で改善されることがあります。


神経を落ち着かせるためには、頭の百会(ひゃくえ。頭の一番上、左右中央の線上)、耳の後ろの完骨(かんこつ。耳の後ろの硬い骨の下)のツボを刺激します。
背中にある隔愈(かくゆ)も狂ってしまった自律神経を正常に戻し、いらいらを鎮めるツボとして有効です。


その他に寝つきを良くするための方法としては、足の裏全体をよくもみほぐすことがあります。
不眠となる原因は、ストレスからくるものということもあります。
生活環境はきちっと整えるに越したことはありません。
なるべく日中に身体を動かし、夜は気持ちがリラックスするようにしていきましょう。
posted by ユウ at 15:30| 足つぼマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。