2010年12月16日

アロマオイルを使ってマッサージした後の注意点

アロマオイルを使ってマッサージした後は、オイルを肌に浸透させるために、3時間〜6時間はそのままおいておきましょう。
ただし、光毒性のあるアロマオイル(柑橘系のものに多いです)を用いてマッサージをした場合は、外出するときにきれいに洗い流しましょう。
日焼けやシミの原因となってしまいます。


洗顔料などで洗い流したり、キレイにふき取ったりしないほうが効果が上がります。
しばらくおいて、余分なオイルを拭き取る程度、または蒸しタオルなどを使って軽くおさえるか、軽くぬるま湯ですすぐ程度にしてください。


マッサージをすると代謝が良くなるので、終わった後に水分補給をすると、体内の老廃物をより排出しやすくできます。
マッサージオイルが残ったときは、遮光ビンに移して冷暗所(冷蔵庫がおすすめ)に保管し、なるべく早く使いきるようにしましょう。
柑橘系のアロマオイルをブレンドしたマッサージオイルはとくに劣化が早く、1週間を過ぎると劣化してしまいます。
その他のものにおいても、1ヶ月程度で使いきるようにしましょう。
posted by ユウ at 18:25| アロママッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。