2010年12月29日

寝違えたときに効果を発揮する、上廉というツボ

寝違えて筋を痛めてしまうということも、ときにはあるかと思います。
そんなときは、腕にある上廉(じょうれん)というツボに刺激に与えるのが効果的です。
この上廉というツボは、筋を痛めたときに効果を発揮する万能のツボですので、寝違えのほかにもぎっくり腰や捻挫、腱鞘炎などにも有効なのです。


具体的な上廉というツボの位置ですが、これは手首からひじの間で、いちばん太くなっている部分の親指側にあります。
刺激法としては、親指で上廉を押しこむようにしてもんでいきましょう。
刺激を与えることによって、違えた筋の痛みがスーッとなくなっていきます。
すぐにでも痛みを取りたいというときは、少し強めの力でマッサージしていきましょう。
刺激を与えてから、わずか数秒間後には痛みが消えている、ということもあるようです。

また、上廉というツボよりもう少し上に曲池(きょくち)というツボがあります。
ここから上廉にかけて押してみて、一番痛みを感じるところを親指で押しもめば効果が上がります。
ラベル:寝違え 上廉 ツボ
posted by ユウ at 15:45| マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。