2011年01月14日

無気力症を軽減できる手のツボ

どことなく体がだるくて何をする気にもなれない、疲れがとれないとか、気分が滅入ってすべてが面倒くさい、などのような「無気力症」にかかっている現代人は少なくありません。
現状はまだ病気ではなくても、このままでは本当に病気を発症しかねません。
そこで、気力を出す効果のあるツボをマッサージして、心も身体も立て直しましょう。

マッサージといえば品川

無気力に効果のあるツボは手のひらに2つあり、腎穴(じんけつ)と命門(めいもん)というツボです。
腎穴は、小指の第一関節の横じわの真ん中にあるツボで、ここをマッサージすればホルモンバランスの調整と、ストレス軽減の効果を得られます。
命門は、小指の第二関節の横じわの真ん中にあり、マッサージによって血行をよくできます。
少し強い力でマッサージしているうちに、体の隅々まで温まってきます。

マッサージなら新大久保
posted by ユウ at 18:24| ハンドマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。