2011年01月25日

腱鞘炎の症状を軽くする手のツボ

ゴルフなどのように手首やひじを酷使するスポーツをしたり、ピアノやパソコンなどで指や手を存分に活用していると腱鞘炎を起こりやすくなり、腫れや痛みを伴います。
症状が重ければ病院で治療してもらうのが一番ですが、軽ければ手のツボをマッサージすれば痛みを和らげることができます。

出張マッサージでの難波

そうした腱鞘炎に有効な手のツボが陽谿(ようけい)、陽池(ようち)の2つです。
まず陽谿は、手の甲の側、手首にある横じわの上、親指の下にくぼみがあるのですが、ここがツボになります。
また陽池は、手の甲の側、手首の関節の真ん中にあるくぼみに位置します。
この2つのツボを、親指で押し揉むようにしてマッサージしましょう。

足裏のマッサージでは東京
posted by ユウ at 13:18| ハンドマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。